ゼファルリンならペニス20センチ達成出来る!?増大平均は

ゼファルリンを飲用する事でペニスの増大をしていく事が出来ます。

飲用している人の中にはペニスのサイズ20センチオーバーを狙っている人もいますが・・・

rapture_20160720174651

 

ゼファルリンを飲用してそこまでペニスを増大出来るのか?

この事を口コミ等の意見も混ぜて解明していきます。

 

ゼファルリンでペニス20センチは達成出来るのか

 

日本人のペニスの平均サイズは約12センチ程ですね。

20センチともなるとこの日本人の平均サイズを大幅に上回っています。

 

やはり男性である以上自分のモノには自信を持ちたいはず。

ペニスのサイズは大きければ大きい方がその分自分の自信に繋がります。

 

しかしゼファルリンを飲用した人全員が20センチの大台に乗れるのかというと、そうはなりません。

 

口コミ等を見て増大平均を割り出してみても、ペニスの増大は平均すると5~6センチ程です。

 

ちなみに飲用期間は早くて3ヶ月、それ以上となると約半年程が平均飲用期間となります。

例えば元々のペニス勃起時のサイズが10センチだったとしましょう。

 

ゼファルリンを飲用してこの平均約5センチの増大を果たしても、結果はペニスのサイズは15センチです。

これでは20センチには届きません。

 

しかし元々のペニスのサイズが約15センチ程の人がゼファルリンを飲用するとなると話は変わります。

それならば中には20センチは達成する人も出てくるでしょうね。

 

20センチもなくとも

 

自分以外でゼファルリンを飲用した他の人が、どこまでペニスを増大出来たのか?

これを知るには口コミを確認するという手段以外はありません。

 

で、その実際に他の飲用した人の感想を確認してみても、10センチも増大したというのは見た事がないです。

今まで確認した中で一番サイズアップしてる人は、約8センチでした。

それもごく1部の人しか確認出来ませんでしたしね。

 

先ほども伝えましたが、日本人のペニスの平均サイズは約12センチ。

そしてゼファルリンを飲用して「ペニス増大後の勃起時」は平均すると約15センチ。

 

ペニスのサイズが20センチもなくても、日本人であるならこれくらいで丁度良いです。

女性を満足させたいと思いペニスはより大きくと思っている人もいるでしょう。

しかしこれは15センチ程でもあれば問題はないのです。

 

ゼファルリンを飲用していけば、20センチとまではいかなくても15センチ前後であれば増大は可能です。

そのサイズがあれば女性を満足させる事も可能ですし、十分自分に自信だって付きますよ。

 

これは困った!ゼファルリンの口コミで共通していない事

ゼファルリンの口コミをたくさん見てみると、共通していない事があるのがわかりました。

それは皆さんのゼファルリンを飲用する時間帯です。

 

rapture_20160720171426

 

今記事をご覧のあなたは、別にそれはいつでもいいんじゃないかと思われるでしょう。

しかし私は皆の飲用時間が違うのには何か理由があるのだろうと考えたんです。

 

そこでゼファルリンの飲用のタイミングを探ってみました。

すると面白い事がわかってきたんですよ。

 

ゼファルリンの口コミでは皆が違う飲用時間帯

 

既にゼファルリンを飲用している皆さんは、独自の調査で最適な飲用タイミングを見つけたのでしょう。

しかし口コミではその理由については事細かく記載されてはいません。

 

なので私もその独自調査というのを行い、それを皆さんにお伝えしようと思ったんです。

もちろんその情報も信憑性があるもので、私自信実践してるゼファルリンの効果的な飲み方を紹介します。

 

これは飲用者の感想でも確認出来たのですが、私が考慮した同じ飲用タイミングの人も多くいました。

そのゼファルリンを効果的にのむ最適な飲用タイミング。

 

それは朝一にゼファルリンを2粒、そして昼に2粒飲むというものです。

 

ゼファルリンはカプセルと錠剤があるので、1回で飲用するのはそれぞれ1粒づつで2錠飲用しましょう。

 

これを1日2回で、1日の合計は4錠の飲用という事です。

 

人間の体が一番栄養を欲していて、体自体の栄養吸収率が高い時間帯というのが存在します。

 

これは人間誰でもそうなのですが、体が一番栄養を必要とする時間は朝一番なのです。

 

rapture_20160720172001

 

人間は寝起きが主に栄養を必要としているんですよ。

これは人間が朝起きて夕方くらいまで活動するといった本能的なものが関係しています。

そもそも基本人間という生物は朝起きて夜寝ます。

 

これは当たり前ですよね。

そして体を動かすのに必要なものはエネルギーです。

 

そのため朝一番に起きてから栄養を摂取して、それを消費して1日を終えるのです。

一番体が栄養を必要としているのは朝一。

 

そして次に昼。

 

夕食というのは朝一ほど栄養を必要としていないので、吸収率は低下しています。

夜は寝るという本能があるので、寝る為に体力は消耗しません。

それに伴い必要なエネルギー量が違うんですよね。

 

これは体の栄養吸収率に直結している事です。

なので一番栄養吸収率の高いゼファルリンを朝と昼の2回にわけて飲むというのが効果的なんですよ。

 

飲用のタイミングは朝も昼も食前にゼファルリンを飲用しましょう。

これは先に体内に摂りいれた物の方が吸収の優先度が高い為です。

 

私がゼファルリンの飲用時間を朝と昼と結論づけた理由

 

ちょっとゼファルリンとはあまり関係なく思えるかもしれませんが、まず読んでみてください。

実は私の知り合いにパイロットがいます。

 

パイロットというと数百人の人を乗せて飛行機で飛ぶという、尋常では考えられないくらい大変なお仕事です。

(他にも大変なお仕事はたくさんありますが)

 

人の命を預かるという職種の人なので、体調管理は私達とは次元が違います。

私はそういったお仕事はしていません。

 

なので私の体調管理とその人の体調管理では天と地ほどの差があるのは、皆さんもご理解頂けていると思います。

そしてその人が毎日習慣化している事があるんですよ。

それは食事の摂り方。

 

 

普通食事をするのであれば、朝は軽く済ませて昼は朝よりは多めの食事。

最後の夕食はお腹一杯食べるというのが一般的ではないでしょうか。

 

ですが私の知り合いのその人は、普通の人とは真逆の食事の摂り方をしています。

朝食を一番多く食べて、昼は少し少なめに食事をする。

そして夕食は一番少なくという食事の摂り方をしています。

 

これは私が上記でお伝えした内容そのものですね。

聞けば人間の体は朝一が一番エネルギーが必要なため、吸収率が高いとの事でした。

 

わたしはその人から吸収率に関して学んだので、ゼファルリンを飲むにしても朝と昼に飲む事にしたんです。

例えとしては少々話がずれましたが、経緯としてはお分かり頂けたとおもいます。

 

そして栄養成分の吸収率の違い。

この事に関してもおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

皆さんもこのように効果的にゼファルリンを飲用してみてはどうでしょう。

 

きっとゼファルリンの栄養成分を無駄なく摂取出来るので、私が自信を持って皆さんに勧める飲み方です。